くれ竹筆ぺん55号二本立てかぶらは40周年を迎えました。

くれ竹筆ぺん二本立てかぶら 55 号は初代が1980 年に発売されて40 年。
呉竹の代表商品なのに代表すぎて最近スポットライトの当たらなかった55 号。
あらためて皆さんに55 号のことご紹介します!

歴史ページcomingSoon!

こだわりが詰まっています

隠れファンの多い硬筆芯

ツインの筆ぺんだと軟筆芯に比べ目立ちにくい硬筆芯。
しかし!その書き心地には定評があり
文字書き、イラストにと愛用の声が多い芯なのです。

55号愛好家

インクにもこだわりあり

全く違う形に2つの芯を持つ55号。
芯に合わせた2種類のインクが使われています。

キュキュの音がやみつきに?

55号の軟筆芯は「キュキュ」という独特な音がします。
この音をならないようにしようと検討したことも
ありましたが、書き心地や、芯の程よい硬さなどに
これでもかとこだわった結果、やっぱり「キュキュ」となる芯に戻ってきました。
このキュキュが55号のおなじみの音で、ないと書いた気がしないという人も・・・。

くれ竹筆ぺん二本立かぶら 55号

キャップは後ろ挿しできないと思われがち!

キャップの向きを反対にすれば後ろ挿しできるんです。
キャップの中にインクが付いていた時に、
もう片方のキャップにインクがついてしまうのを防ぐためのやさしさ設計!

55号キャップ後ろ挿し1 55号キャップ後ろ挿し2

筆をイメージしたかぶら軸

軟筆に向かって少し膨らんだ特徴的な軸。
これは持ちやすいように筆のだるま軸をイメージしたもので前身の5号から55号にリニューアルしたときにこのかぶら型になりました。

55号かぶら軸

ずっと変わらないものは?

55チャレンジキュキュDJ
1980年に初代5号が発売されてから40年間発売していますが、本体価格は変わらずずっと300円!
皆様に愛されているからこそ300円を守り続けています。

55号愛好家たち

社内にもいっぱいいた! 55号愛好家!
55号愛を語ります!

愛好家2

企画マーケティング部所属 Kさん

呉竹の企画マーケティング部で商品開発を担当しているKさんは会議やラフスケッチ作成でも55号を使っている55号愛好者です。
Kさんが55号を好きになったきっかけは、55号の姉妹品である「くれ竹筆ぺん 硬筆一本立ち(45号)」の商品開発を任されたことでした。
「55号の姉妹品を開発するならば55号のことも知らなくては!と思い、使い始めたのが愛用のきっかけです。」とKさん。
「軟筆と硬筆が1本になっているので、会社でメモを取る時やお客様に手紙を書く時など、1本2役で便利なんです! 書く時に出るキュッキュという軟筆の音もお気に入りです。」
さらにKさんは「55号の硬筆が書きやすいとの評判から生まれた45号もぜひお試しください」と、開発担当者としてのPRも忘れません!

これ55 号で書いてます!

軟筆と硬筆の2つの芯を使って、書やイラスト、POPまでいろいろ書けます。

55 号チャレンジ

55号があればこんなこともできちゃいます。
せっかくなのでいろいろ55 号でチャレンジしてみました。
55号にちなみ5+5=10 で10個のチャレンジです
ただいまチャレンジ中

ただいまチャレンジ中

ただいまチャレンジ中

ただいまチャレンジ中

ただいまチャレンジ中

ただいまチャレンジ中

ただいまチャレンジ中

キャンペーン告知