• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  1. トップ
  2. Kuretake X Create
  3. 9種類の水彩技法をご紹介します!

9種類の水彩技法をご紹介します!

ペン(水性染料インキ)や水彩絵の具を使って手軽に楽しめる水彩画。技法を活用することで、より幅広い表現が可能になります。以下に動画付きで各技法の紹介をしますので、みなさんの創作活動にお役立ていただければ幸いです。
各技法の画像をクリックすると、それぞれの技法の詳細をご覧いただけます。

にじみ

「にじみ」とは水を塗った紙や、乾く前の色の中に、色を落として塗っていく技法です。水分量や紙の種類によってにじみ方が変わりいろんな表情を見せてくれます。背景や空の表現に適しています。

▼STEP1
水を塗った紙にペンの穂先をつけます。
初めの水の乾き具合によってにじみの広がり方が変わります。
▼STEP2
次の色の穂先をつけます。
にじませ方の違いでいろんなバリエーションができます。

重ね塗り

「重ね塗り」とは、同じ色や異なる色同士を塗り重ねて透明感を残したまま奥行きを出す技法です。花びらの重なりなどが簡単に表現できるのでちょっとしたメッセージカードの作成などにも使えます!

▼STEP1
濃い色から先に塗っていきます。
▼STEP2
ドライヤーなどを使ってしっかり乾かしてから次の色を着色をするのがポイント!
▼STEP3
乾いた後、下の着色の輪郭を崩さないように、重ね塗りしていきます。

グラデーション

「グラデーション」とは、ムラなく濃淡をつけていく技法で、空や海など風景画でも多く使われる技法です。

▼STEP1
濃い色から塗る。
▼STEP2
濃い色が乾く前に薄い色を重なるように塗っていく。境界線をぼかすのにブレンダーを使ってもOK。

スパッタリング

「スパッタリング」とは、インクや絵の具を飛び散らせる技法のことです。偶然性に任せるところが大きく作品のアクセントになります。

▼STEP1
パレットや絵皿にインクをたっぷり出す。
▼STEP2
水を適量含ませたブラシでSTEP1のインキをとる。
▼STEP3
網目の細かい網にブラシをこすり当て、インクを紙に飛ばす。スパッタリング用の網やブラシを持っていない場合は、ざるや歯ブラシで代用も可。

ドリッピング

「ドリッピング」とは、多めの水で溶いた絵の具を紙に垂らす技法のこと。簡単にモダンな柄が作れるので抽象画の作成などにぴったり

▼STEP1
多めの水で顔彩を溶く。
▼STEP2
溶いた顔彩を水筆ぺんでとり紙の上から垂らす。
▼STEP3
垂らした顔彩に、ストローなどで息を吹きかけ、柄を作る。

ドライブラシ

「ドライブラシ」とは、絵の具のついた筆の水気を少なくして描く技法のこと。筆跡のカスレを生かして草や波を描いたり、様々な場面で使用されます。

▼STEP1
穂先をサッサッと動かしながら色を塗っていく。
▼STEP2
違う色を重ねることで深みが出ます。

ふき取り

「ふき取り」とは、塗った絵の具を浮かび上がらせ、取り除く技法です。葉っぱの葉脈や、雲などの表現によく使用されます。

▼STEP1
背景がグラデーションになるように塗る。
▼STEP2
インクが乾く前にティッシュペーパーなどの柔らかい紙で絵の具をふき取る。
▼STEP3
あまり色が抜けない場合はふき取りたい個所に水筆ぺんで水分を追加し、再度ふき取る。

バックラン

「バックラン」とは、水の逆流を利用してカリフラワー状の模様を作り出す技法のこと。紙や水分量によってもどのような模様ができるかは様々です!

▼STEP1
背景がグラデーションになるように塗る。
▼STEP2
背景が半乾きの状態のときに水をたっぷり含んだ顔彩を水筆ぺんで取り、穂先をちょこっとつける。
▼STEP3
模様が自然に広がっていくのを待つ。

塩技法

「塩技法」とは、その名の通り塩を使った技法のことです。水分が残る状態の紙に塩を振ると雪の結晶のような美しい模様が浮かび上がります。

▼STEP1
ZIG CLEAN COLOR Real Brushで背景を塗る。
▼STEP2
水筆ぺんで背景をにじませてグラデーションを作る。
▼STEP3
背景が乾かないうちに塩を少々ふりかける。
▼STEP4
紙が乾くまでしばらく置くと、独特の模様が浮かび上がります。

筆ぺんタイプの画材も水彩画材として使えるので、今まで使ってこなかった方はぜひチャレンジしてみてください!
絵の具に比べて後片付けが楽なところもオススメポイントです。
水彩画に慣れ親しんだ人もこれから始める人もぜひ呉竹の水彩画材たちを手に取ってみてください。

関連商品

  • 「水彩イラスト 花の描き方レッスン」
  • 身近な花を題材に、「重ね塗り」「グラデーション」「にじみ」を簡単に学べるレッスンキット。下絵や描き方ガイド、画材入りなので気軽にチャレンジできます。技法動画で使用している商品は、こちらの商品です。

    • 水彩イラスト 花の描き方レッスン
      /重ね塗り
    • 水彩イラスト 花の描き方レッスン
      /グラデーション
    • 水彩イラスト 花の描き方レッスン
      /にじみ

    ※記事の内容は公開時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。

    PageTop