絵てがみ


絵てがみ

絵てがみとは、はがきに「絵」を描き、「文字」を書いて、真心を込めて贈る「てがみ」のことです。 絵てがみとは『心の贈り物』なのです。 絵が上手いから描くのではなく、下手でも「誰かに喜んでもらいたい」その優しい気持ちを伝えるために描きます。 題材は何でもOK。季節の果物や野菜、食材、料理、植物、散歩道の風景。また、思い出の品や小物、ペットなど・・・。 心に残った出来事や感じたことを感じたままに描きましょう。


絵てがみを描くポイントは!

輪郭線はゆっくり、大きく描く

  • 絵てがみは下描きはしません!
  • まずは中心となる部分から筆を進めましょう。
  • はがきから、はみ出すように大きく描くと迫力ある構図になります。
  • ゆっくりじっくりと筆を動かすのがコツです。
  • 線の練習をしてみましょう。

色を素早くおく

  • 顔彩は、ベタベタ塗らずに、穂先全体を使ってトントンと“色をおく“ように。
  • 薄い色から彩色しましょう。
  • 全てを塗りつぶすのではなく、塗り残し・余白を残すと、より雰囲気が増します。
  • 顔彩の単色以外にも混色で楽しめます。梅皿などで2~3色がおすすめ。
  • 顔彩は乾くと色が少し薄くなるので、濃淡、濃色も意識して色をおきましょう。

心に浮かんだ言葉を添える

  • 絵てがみは、手紙に比べて短い言葉で簡単に気持ちを伝えることが出来ます。
  • 個性がある文字は魅力的なものです。上手く書こうとせず真心を込めて。
  • 文字の形も少し崩してみたり、四角を丸く書くなど、文字にも遊び心加えてみて。

仕上げに落款・印を押す<

完成したら絵てがみを贈る

  • 出来上がった絵てがみは、必ず誰かに贈りましょう!
  • 心を込めて描いた絵てがみは、きっと相手にも伝わり、喜ばれます!

実際に絵てがみを描いてみましょう!

もっと詳しく知りたい方は・・・ 絵てがみはじめましょう/テキストをお買い求めください。

PageTop