カリグラフィー

西洋の書道ともいわれるカリグラフィー。

カリグラフィーとは、ギリシャ語の「カリグラフィア(美しき書きもの)」に由来しています。

歴史の変遷を経て様々な書体が生まれ、変化しながら今に伝わります。

カリグラフィー

数々ある書体の中でも、昨今よく見かける代表的な書体に、イタリック体や、ゴシック体などがあります。

これらの書体は、ペン先の形状も独特で、先端が平らな形状や、太さも細~太いなど、色々な種類でアレンジを表現されることが多いです。そして、各書体には、規則性もありルールもあります。

呉竹では、基本のポイント、作品例で判り易く、初めての人でもカリグラフィーが楽しめる、テキストや多種カリグラ専用マーカーなども取り揃えています。

ブラッシュレタリング

ブラッシュレタリングは、カリグラフィーの要素もベースにしています。

筆や筆ぺんで書くことで、自由度をプラスして、線幅や文字など、筆圧でコントロール、アレンジもしやすいのが、ブラッシュレタリングの世界とも言えます。

もちろん、ブラッシュレタリングにも、基本のストロークがあり、ポイントとなるコツを意識して書くことで、文字を美しく見せることが出来ます。

自由な表現を楽しみ、美しいブラッシュレタリングの世界をもっともっと知って欲しいと思っています。

呉竹では、そんなブラッシュレタリングを楽しめるための、筆ぺんの種類も多くご提案出来ます。アイデア満載の「筆ぺんで書くカリグラフィー」テキスト、アイデアブックと合わせて、是非お試し下さい。

PageTop