株式会社呉竹は、2018年11月22日に書道用品一式がハードケースに入った「書道用品セット/黒」をさらに使いやすいようにリニューアル発売いたしました。全国の文房具店、量販店、ネット販売などでご購入いただけます。

書道用品セットリニューアルの背景

学習指導要領の定めによって、小学3年生になると毛筆による書写が始まります。そのため、3年生になると書道セットを準備する必要があります。「書道用品セット」は機能的なハードケースに書道用品一式が入っており、ランドセルやお気に入りのバッグに入れてそのまま持ち運びすることができる新しい書道セットのかたちをご提案する商品です。

これから授業で書道セットが必要な小学生はもちろん、これから書道をはじめる方にもおすすめできる商品です。

今回お客様のご意見やご要望を取り入れながらより使いやすく機能的にリニューアルしました。

商品特長

「書道用品セット」は書道用品一式を収納するハードケースとセットされている内容品を、より使いやすいようにリニューアルしています。

ハードケース(書道用品一式を収納できるケースです)

①ランドセルやお気に入りのバッグに入れて持ち運び可能

学校の授業のために買った書道セットは低学年で購入してから高学年、中学校、高校でも使う機会があります。ずっと同じデザインの書道バッグを使い続けるのは、好みの変化があるのではないかと懸念されることもあるでしょう。「書道用品セット」ならお気に入りのバッグに入れることができるので、長く使うことができ、ランドセルにそのまま入れてコンパクトに持ち運びすることも可能です。

※ランドセルの大きさによっては入らない場合もございますのでご注意ください。

②ロック機構付きでしっかり止まる

ハードケースにはロック機構がついているため、バッグの中で開き内容品が飛び出してしまう心配がありません。ロック部分はランドセルに入れたとき引っ掛かりが少ないよう設計されています。

③通気性抜群の空気穴付き

書道で使用する筆は湿気がカビや腐りの原因となることがあるため、ハードケースに4カ所通気性が確保できる空気穴をつけています。

④A4サイズまでの教科書がぴったり収納、硯箱(※1)としても使える

今までB5サイズまでしか収納できませんでしたが、新しいハードケースはA4サイズまでの教科書を収納することができます。また、ハードケースは硯箱や、書類の収納ケースとしても長くお使いいただけます。
さらに、下図のように本体の縁は内容品や書類を取り出しやすい形状に改良しています。

⑤積み重ねて保管可能

ハードケースは重ねることがきるので、教室に重ねて置いておくこともできます。

⑥本体に滑り止め付き

ハードケースの本体には4カ所に滑り止めのゴムがついています。そのため、滑って机から落としてしまう心配がなく安心です。今までは、蓋に滑り止めがついていたため、蓋の上に本体を重ねた状態でしか滑り止めが機能していませんでしたが、新しいハードケースは蓋をした状態でも滑り止めがきき、蓋の上に本体を重ねた状態では、空気穴の部分からゴムが出て滑り止め機能が発揮されます。

内容品

①太筆をお手入れかんたんな優筆ゆうひつに変更


書道でよく使用する太筆は獣毛から、耐久性に優れた人造毛を使用した優筆にしました(※2,※3)。獣毛は手入れが不十分だとカビや腐り、毛抜けなどがおこってしまうこともありましたが、優筆はその心配がなく、お手入れが簡単にできます。太くて柔らかく、しっかりとした線が書けるので、毛筆になれない学童にも最適です。

②竹の筆巻から「かんたん筆巻」に変更


「かんたん筆巻(特許登録済)」はワンタッチ面テープどめで、誰でも簡単に扱うことができる筆巻です。不織布でできており通気性抜群で筆が抜け落ちないようポケットもついています。

③文鎮を中国製から日本製に変更

呉竹ではより高品質で供給も安定する日本製の商品の開発にも力を入れています。今回商品をリニューアルするにあたり、文鎮は国産のものに変更しました。
また、墨、書道液、ぼくちすずり、下敷、水差し、半紙ばさみ、中皿、ハードケースなども全て国産の商品になります。

商品情報

商品名:書道用品セット/黒

品番:MC1-21

発売日:発売中

本体価格:3,700円(税抜)

<内容品>

  • 固形墨(日本製)
  • 書道液 ふで思いなぼくてき 180ml(日本製)
  • 太筆 くれ竹優筆ほまれ(中国製)
  • 細筆 いなせ(中国製)
  • ぼくちすずり 5.3寸(日本製)
  • 文鎮(日本製)
  • 下敷両面スベリ止め(日本製)
  • 水差し(日本製)
  • かんたん筆巻(中国製)
  • 半紙ばさみ(日本製)
  • 中皿(日本製)
  • ハードケース(日本製)
  • 書道のてびき(日本製)
  • 名前シール(日本製)

基本的な書道用品の使い方は、呉竹HPの「書道セットについて」のページからご確認いただけます。

https://www.kuretake.co.jp/create/calligraphy/shodo-set/index.html

※1 硯箱とは

硯箱とは、硯や筆、墨などを入れておく箱のことを指します。

※2 「くれ竹優筆シリーズ」について

「くれ竹優筆シリーズ」は、耐久性に優れた人造毛の使用により、腐りやカビの心配がなく、手入れが簡単にできる筆です。太くてやわらかく、しっかりとした線が書けます。

  1. 適度にコシがあり、まとまりが良い。
    従来の動物毛に比べ、復元性に優れていますので適度にコシがあり、穂のまとまりが良く、しっかりとしたきれいな線が書けます。毛筆になれない学童にも最適です。
  2. 保管や手入れが簡単です。
    カビ、腐り、毛抜け等の心配がなく、学童にも扱いやすく、手入れが簡単です。
  3. 耐久性に優れています。
    特殊加工した人造毛を使用していますので、従来の動物毛に比べて特に耐久性に優れています。

※3 人造素材の商品について

書道用品には、天然素材を使用したものが多くあります。筆、硯、筆巻き、印材などは天然の素材である動物毛や石材、竹などからできています。これらの資源は枯渇も懸念されており、自然環境の変化によって、供給が不安定になったり、価格が高騰したりする可能性が常に存在します。

それに対する対応策として、天然素材に劣らない品質で、より機能的な書道用品を提供するために、呉竹では人造素材による書道用品の開発を進めています。

※新製品情報に掲載されている内容は発表時点でのものであり、最新の情報と異なる場合があります。