消しゴム印を作る

手作りの絵てがみには手作りの印を。手軽な消しゴム印の作り方をご紹介しましょう。消しゴムは柔らかいため、手軽にオリジナル印を作ることができます。手を切らないように注意して、消しゴム印を作ってみましょう。

手作りの印を作ろう その1

消しゴムを作りたい印の大きさに切り、紙に形を鉛筆で描きます。

手作りの印を作ろう その2

自分の名前の一文字などを濃い目の鉛筆で書きます。

手作りの印を作ろう その3

書いた上に消しゴムを押し付け文字を写します。

手作りの印を作ろう その4

油性のペンで文字をなぞると、はっきりとわかり、彫りやすくなります。

手作りの印を作ろう その5

次に印面に朱肉をつけ、ティッシュで軽くふきとります。こうする事で、彫り跡がわかりやすくなります。

手作りの印を作ろう その6

カッターナイフで彫っていきます。

手作りの印を作ろう その7

絵と文字をさけて、余白にバランス良く押して出来上がりです。

彫り方のポイント

彫り方のポイントの写真
1. 彫るときはなぞる様にゆっくり軽く彫りましょう。
2. 曲線はカッターを動かさず、消しゴムを静かに動かした方が彫りやすいです。
3. 角ではカッターを抜き、再度刃を45度に傾けて刃を入れ直し、彫り残しのないように心掛けましょう。
4. 失敗した時は、その面をカットすれば何度でも作り直せます。
石の印(てん刻)にも挑戦しましょう。

消しゴム印の種類

消しゴム印の種類の写真
白文(はくぶん)
原稿が写った部分を彫ってゆきます。(押したとき、文字が白くなります。)
朱文(しゅぶん)
原稿が写った部分を残して、彫ってゆきます。(押したとき、文字が赤くなります。)
消しゴム印の種類

ページトップへ