書道について

書道について

現代の日本文字は漢字の国、中国より朝鮮半島を経て伝えられた漢字、そして我が国で創作された片仮名、平仮名からなっている。これらを美しく書くことは、日本の大切な文化である。

低学年では硬筆習字を習い、高学年で毛筆習字を習う。毛筆習字によって初めて漢字で大切なトメ、ハネ、ハライが教えられる。書道は落ち着きのある知的な人間形成に欠くことのできない重要な文化であると言えるだろう。

墨について学ぶ

墨ができるまで
墨ができるまでの工程を動画にてご紹介しています。
墨の美術館へ
呉竹の技術の結晶とも言える、千寿墨180点をご覧いただくことができます。

書道用具について学ぶ

材料について
筆について
初心者や学童の書道から趣味の書道まで、あらゆる場面に応じた高品質の筆を厳選し、取り揃えました。
硯について
硯について
墨の持つ本来の墨色を発揮させるには、硯の材質と墨の磨り方が大切です。墨を磨る時、硯の硯面一面にひろがっている鋒鋩(ほうぼう)によって、磨墨液の状態が左右されるのです。
紙について
紙について
書道に使われる紙には大別して、和画仙紙と中国画仙紙があります。そのほか台湾、韓国産、また、仮名用料紙、半紙があります。

ページトップへ