導電性塗料 カーボンブラック分散のプロが創る導電性塗料

導電性塗料の特徴

コンデンサが開発されてから200年以上が経過し、さまざまな形状のコンデンサが開発されています。用途展開が広がるにつれ、コンデンサは小型化され、高機能化しています。小さくてもしっかりと電気を蓄え、放出する。その機能に必要なのが“導電性塗料”です。導電性材料を“微粒子分散する”ことで、コンデンサの機能を発揮します。導電性材料として用いるのは、カーボンブラック。墨作りで培ったカーボン分散技術を応用し、コンデンサ以外の導電性塗料としても活躍しています。

  • カーボンを用いた導電性塗料。
  • 導電性塗料の原料としてもご使用いただけますし、
    そのまま塗料としても使用可能です。
カーボンブラック

商品スペック

 

PCカーボン EXP-II

N-PCカーボン

PCカーボン 布用

主溶媒

NMP

樹脂

合成樹脂

合成樹脂

合成樹脂

状態

低粘度の黒色液体

黒色ペースト

低粘度の黒色液体

粘度

100~600mPa・s

1,000~10,000mPa・s

100~130mPa・s

表面抵抗値

430Ω/□

340Ω/□

1000Ω/□

主な用途

導電性塗料として・・・

導電性塗料原料として・・・

布用、繊維含浸用として・・・

※導電性、付着性などは、ご使用になられる基材、膜厚、等により異なります。お手数ではございますが、
御社にてご評価頂きますよう、お願い申し上げます。

※代表製品のみ、掲載しております。お客様のニーズに応じて、導電材を変更した製品開発も行っておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページTOPへ