環境方針(環境・社会貢献活動)

呉竹は、書道用品、文具・クラフト用品、工業用途製品の企画・開発・設計・生産・販売などを通じて、地球環境保全や汚染予防に配慮することを重要な経営課題として継続的に取り組みます。

環境方針(環境・社会貢献活動)

ワーク・ライフ・バランスへの取り組みについて

少子高齢化が深刻化する日本社会の中、呉竹は、従業員の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を積極的に推進し、働きやすい環境の整備を進めていくため、就業時間内の業務効率化に対する取組みと徹底した午後6時までの退社を実現しております。今後は全社をあげて、年次有給休暇の計画的取得にも取り組んで参ります。

そして、平成20年3月、仕事と保育の両立支援を図るべく、従業員向け事業所内託児所「たけのこ園」を開園いたしました。静かな環境と送迎の利便性や安全性への配慮により、利用される方も増えてきております。今後は、幼稚園との保育連携を図り、更なる教育の充実を進めて参ります。

また平成23年、次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。

これからも呉竹は、従業員が安心して働ける職場環境の改善を目指して取り組んで参ります。

ワーク・ライフ・バランスへの取り組みについて

呉竹はピンクリボン活動を応援します

すべての女性へ、呉竹ができること

日本人女性の約20人に1人がかかると言われている乳がん。
30代~40代に多いことも特徴で、本人だけでなく、家族やパートナーの問題ともなっています。
乳がんは早期に発見すれば、治癒率が高いがんなのですが、そのことが十分に知られていません。

呉竹では、ピンクリボン活動を通じて、セルフチェックや定期的な検診といったブレストケアの大切さを伝え、
乳がんの早期発見、診断、治療を応援いたします。

プレスとケアのシンボルマーク”ピンクリボン”。

ブレストケアのシンボルマーク“ピンクリボン”。
世界で乳がんの啓発のシンボルマークとして広く使われているピンクリボン。

乳房健康研究会では、このリボンを通して、乳がんの早期発見、治療の大切さを伝えています。

NPO法人 乳房健康研究会

NPO法人 乳房健康研究会
http://www.breastcare.jp

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、次のとおり一般事業主行動計画を策定いたしました。

株式会社呉竹 行動計画(PDF:56KB)

株式会社呉竹は、性別・国籍・年齢や障害の有無を問わず様々な人材の活躍を推進してきました。とりわけ、女性のキャリアアップに対する取組の柱として、「人事評価基準の見直し」や「管理職育成を目的としたキャリア研修制度の整備」を行ってきました。今後は、各職場でリーダーとして活躍する女性を増やすため、「若手・中堅社員へのキャリア形成支援」を柱に活動を推進していきます。

ページトップへ